企業に必要なシステム開発とは

 

> 役割の重要性

役割の重要性

企業で勤務していると、ひとつの業務に複数の部署や内外を問わずいろいろな人が関係していると実感する機会も多いでしょう。大勢の人が携わる業務に対してシステムを開発するにはどのように進めていけば良いでしょうか。関わる人だけでなく、利活用するITも複雑化していますから、関係者の役割分担をはっきりしておくことがシステム開発の成功を左右すると言っても過言ではありません。

まずは新たな業務についてイメージを創出し、コンピュータに期待する仕事を明白にすることが重要です。つまりこれは、新しい業務の仕組みを考えるということです。一体何のためにシステム開発が必要なのか、その目的を明確にしなくてはいけません。土台となる基礎をしっかり固めておかなければ、基本となる軸の部分がぶれてしまい、制作途中で何度も計画の見直しを迫られるでしょう。

次に、業務の仕組み全体を設計して、業務や組織とコンピュータの連携方法を整えることが必要です。それから制作に入りますが、先に述べたように、軸がぶれると手直しにも時間と労力を要してしまい、予定していた制作期間にも影響が出かねません。出来上がったシステムはこの先何年にも渡って使用する、会社の未来を託す重要な投資ですから、本当に必要な機能は何かをしっかりと絞り込み、制作途中で何度も変更しないようにすることが費用対効果を高めるポイントになるとも言えるでしょう。

そして最後に、完成したシステムの機能をテスト確認します。運用開始後は、投資に見合った効果が得られているか、導入効果を測ることも忘れないようにしなければなりません。システム開発の目的は業務を刷新して効率化を図り効果を得るためです。当初から計画をしっかり立て、ぶれないもの作りをするように心掛けましょう。