企業に必要なシステム開発とは

 

> 失敗しないための取り組み

失敗しないための取り組み

システム開発がうまくいかなかったという事態は意外に多いのではないでしょうか。原因究明はもちろん重要ですが、何か起こってしまった後では手遅れです。そこで失敗に至りそうな要因を前もって考え、準備しておくことが、システム開発を成功へと導くポイントだと言えるでしょう。

まず失敗の原因として第一に考えられるのは、システムの要求が曖昧だということです。そもそも何に対してどのように使用したいのか、システム化の必要性を明確に定義しなければならないのに、目的や業務を整理しないまま開発を進めてはいなかったでしょうか。この結果、しっかり設計がされていない、完成後に充分なテストを行えないなどの問題や、完成したシステムがユーザーの期待に沿えなかったというような損失が生じてしまうのです。

しかしここで重要なのは、これらの原因は開発途中や開発後に発覚したものではなく、開発を行う前の段階ですでに引き起こされていると知っておくことなのです。開発中に問題が発覚しても解決をはかるにはすでに遅いのです。なぜなら、制作期間や見積もりもそれに伴い不足するからです。前段階で起こるべき問題を解決するためには、これから行うビジネスをデザインしていく必要があります。つまり、いつ、誰が、何を、どのようにサービスを提供するのかを、「見える化」することです。開発前にこれを怠ってしまうと、本当にすべき要求が曖昧なものになってしまいます。

システム開発会社からの提案もなく、意思疎通が上手くいかないまま完成してしまうこともあるのではないでしょうか。エーステクノロジーのようにコミュニケーションを重視し、ユーザーの利便性をあげるためには何が必要なのか、本当に必要とするアドバイスをしてくれる実績のある開発会社を選ぶことが、システム開発の成否を分けるとも言えるでしょう。